メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

次の日曜版小説「道連れ彦輔 居直り道中」 来月1日から連載開始

逢坂剛さん

[PR]

深井国さん=画

 「日曜くらぶ」で連載中の柴崎友香さんの「待ち遠しい」は25日に終了し、来月1日から逢坂剛さんの「道連れ彦輔 居直り道中」が始まります。

     逢坂さんは1943年、東京都生まれ。大学卒業後、退職するまで31年間、博報堂に勤務。87年には「カディスの赤い星」で直木賞を受賞しました。警察小説、犯罪心理ものなど綿密な調査に基づいた幅広く強じんな作風で知られています。今回は江戸時代の道中もの。御家人の三男坊、彦輔が市井の人々との交流に、怪しげな人々との争いに、手に汗握る大活躍をします。挿絵は大ベテランの深井国さん。この世界を知り尽くした一人として、変幻自在な世界を切り開いてくれるでしょう。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

    2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです