特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

組み合わせ抽選 互いの力、警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まり健闘を誓う伊万里の犬塚晃海主将(右)と大阪桐蔭の中川卓也主将=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2018年3月16日、猪飼健史撮影 拡大
対戦が決まり健闘を誓う伊万里の犬塚晃海主将(右)と大阪桐蔭の中川卓也主将=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2018年3月16日、猪飼健史撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会の組み合わせが16日の抽選会で決まり、昨年優勝の大阪桐蔭(大阪)と、21世紀枠で初出場の伊万里(佐賀)が初戦で対戦することになった。

 大阪桐蔭の中川卓也主将は「伊万里に力があることは間違いない」と気を引き締め、西谷浩一監督も「しっかり研究したい」と強調した。昨夏の甲子園3回戦で勝利目前からサヨナラ負けしただけに、中川は「一戦一戦大事に戦い、春連覇を達成したい」。隙(すき)をなくして史上3校目の偉業に挑む。

 伊万里の吉原彰宏監督は「よりによって大阪桐蔭とは。想定外も想定外」と苦笑いした。大阪桐蔭のエース、柿木(かきぎ)蓮投手は佐賀県出身で、伊万里には中学時代に同じチームだった選手もいる。犬塚晃海(てるみ)主将は注目される機会を得て「早いテンポで、自分たちのペースで試合を進めたい」と意欲を燃やした。

次に読みたい

あわせて読みたい