メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災なるほドリ

地震速報で被害軽く

 なるほドリ 大きな地震の発生を知らせる「緊急地震速報」が一般向けに提供されてから10年がたったんだって?

 記者 そうです。気象庁が2007年10月に始めました。地震の規模や震源の位置を地域ごとに予測し、被害を軽減するための仕組みです。

 Q どうやって予測するの?

 A 地震の初めに小刻みに揺れる初期微動(P波)と、実際に被害をもたらす強い揺れの主要動(S波)の到達に時間差があるため、P波を検知した段階で、危険が迫っていると知ら…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです