メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スポーツプラスα

高校生が全日本柔道選手権出場権獲得 長崎日大3年・山口選手、快挙 「自分の技試したい」意気込む

 体重無差別で争う九州柔道選手権で高校生が快挙を成し遂げた。男子で長崎日大高3年の山口貴也選手が上位6人に入り、全日本選手権(東京・4月29日)の出場権を獲得。実業団の重量級の猛者がそろう大会で、高校生の全国切符は平成以降では九州で初めてとなった。大会には進学先の日大から出場する山口選手は「自分の柔道がどれくらい通用するか知りたい」と若手らしく意気込んでいる。

 九州選手権の1回戦の相手は福岡県警の安田知史選手。気後れせずに持ち味の「ガンガン前に出る」(山口選…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです