インフルエンザ

集団感染 高齢患者男女4人死亡 北海道枝幸の病院

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道枝幸(えさし)町の町国民健康保険病院で入院患者23人と職員8人がインフルエンザに集団感染し、16日までに患者の男女4人が死亡した。道稚内保健所は16日、拡大防止策が不十分だった可能性があるとして、医療法に基づく立ち入り検査を実施した。

 道医務薬務課と病院によると、5日に患者6人が発症したのを皮切りに、13日までに計31人が発症。9~16日に100歳男性と81歳女性、92歳の女性2人の計4人が死亡した。死因は老衰や誤嚥(ごえん)性肺炎などで、病院は3人について「インフルエンザが影響した可能性はある」、81歳女…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集