メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

台湾旅行法が成立 閣僚の相互訪問を促進

 【台北・福岡静哉】トランプ米大統領は16日、米国と台湾との間ですべての閣僚による相互訪問を促進する台湾旅行法案に署名し、同法は成立した。米台は国交がなく、これまで相互の高官訪問を自制してきた。「一つの中国」原則を掲げる中国は強く反発し、在米中国大使館は16日、法成立に「強烈な不満と断固たる反対」を表明する声明を出した。

 同法はすべての閣僚を含む米台の高官交流が「米政府の政策であるべきだ」と規定。議員立法で提案され、上下両院とも2月末までに全会一致で可決した。法案は大統領が署名しなくても自動成立する見通しだったが、トランプ氏はあえて署名することで、支持する姿勢を鮮明にした。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです