米国

台湾旅行法が成立 閣僚の相互訪問を促進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【台北・福岡静哉】トランプ米大統領は16日、米国と台湾との間ですべての閣僚による相互訪問を促進する台湾旅行法案に署名し、同法は成立した。米台は国交がなく、これまで相互の高官訪問を自制してきた。「一つの中国」原則を掲げる中国は強く反発し、在米中国大使館は16日、法成立に「強烈な不満と断固たる反対」を表明する声明を出した。

 同法はすべての閣僚を含む米台の高官交流が「米政府の政策であるべきだ」と規定。議員立法で提案され、上下両院とも2月末までに全会一致で可決した。法案は大統領が署名しなくても自動成立する見通しだったが、トランプ氏はあえて署名することで、支持する姿勢を鮮明にした。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文550文字)

あわせて読みたい

注目の特集