メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ撲滅

国連で伊藤さん会見「WeToo」運動提唱

米ニューヨークの国連本部で記者会見する伊藤詩織さん=2018年3月16日、國枝すみれ撮影

 【ニューヨーク國枝すみれ】自身への性暴力被害を訴え出たジャーナリスト、伊藤詩織さん(28)が16日、国連本部で記者会見した。日本では、性被害を訴え出た女性に対する反発が「過酷だ」と主張。米ハリウッドから始まったセクハラ撲滅運動「MeToo(私も被害者)」の代わりに、「WeToo(私たちも行動する)」運動を提唱した。

 伊藤さんによれば、「MeToo」は日本で大きな運動に発展していない。社会の反発を恐れる被害女性が経験を共有することを尻込みするためだ。伊藤さん自身、経験を公にした後、インターネット上などで激しい中傷や脅迫を受けた。自宅に戻れなくなり、人権団体の助けで昨秋からロンドンに移住した。

 「運動の目的は誰かを責めることではなく、未来を変えること」と考える伊藤さんは、より多くの人が運動に参加しやすいように「WeToo」と呼ぶことを提唱したという。

 記者会見に同席した人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」事務局長の伊藤和子弁護士は、性被害を訴えた女性に対する反発は「もう一度レイプするようなもの」と強く批判。また、2016年に成立したヘイトスピーチ対策法は「インターネット上での女性に対する差別的、暴力的な発言を禁じていない」として、「法の不備」を指摘した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影
  5. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです