メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

北朝鮮と対話意欲 韓国大統領に拉致議題要請

安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は16日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮情勢について電話で約40分間協議した。首相は4月末に予定される南北首脳会談で、拉致問題を議題とするよう要請。拉致、核、ミサイルの問題を包括的に解決し、日朝国交正常化を目指す考えを伝え、北朝鮮との直接対話に意欲を示した。

 文氏も、拉致問題の解決に向け協力する考えを示した。韓国政府の説明によると、首相は、国交正常化を目指すとした2002年の日朝平壌宣言に言及。そのうえで、南北首脳会談、米朝首脳会談が行われるのを…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです