メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼

「信頼回復へ不退転」山口次期社長 不正を謝罪

神戸製鋼所の新社長に決まり、記者会見する山口貢・副社長=東京都港区で2018年3月16日、丸山博撮影

 神戸製鋼所の新社長に4月1日付で就任する山口貢副社長(60)が16日、記者会見し、「不正の再発防止、信頼回復に向けて会社を引っ張っていきたい」と抱負を述べた。アルミ・銅製品などの品質データ改ざん問題で引責辞任する川崎博也会長兼社長(63)の後任として、山口氏は不正の再発防止など経営の立て直しを図る。

 山口氏は品質データ改ざん問題について、冒頭で「ご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪。「ものづくりの原点は確かな品質だ。信頼の回復に努め、神鋼が変わったと思っていただけるよう、不退転の決意で取り組む」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです