シリア

反体制派地域を空爆、42人死亡 東グータ地区

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 シリアのアサド政権軍が攻勢を強めているダマスカス近郊の反体制派地域・東グータ地区で16日、空爆があり、少なくとも民間人42人が犠牲になった。AFP通信が在英組織のシリア人権観測所の話として伝えた。空爆はロシア軍によるものだったと非難している。100人以上が負傷したという情報もある。

 政権軍に包囲された同地区から避難する市…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文274文字)

あわせて読みたい

注目の特集