メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

宮城県議会、全国初の意見書可決

 宮城県議会は16日、国に対し、障害者らへの強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)下で手術を受けた当事者への補償や救済を早期に行うよう求める全国初の意見書を全会一致で可決した。週明けにも、安倍晋三首相や加藤勝信厚生労働相、衆参両院議長それぞれに送付される。

 同法をめぐっては、15歳の時に不妊手術を強いられた同県内の60代女性が個人の尊厳などを保障する憲法に反するとして、1月末に全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こしている。県議会は、女性の弁護団からの求めを受け、3月定例会で意見書案を審議…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです