メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

南三陸・志津川中元校長、愛知で講演 避難所運営の教訓語る /宮城

講演する菅原貞芳さん=愛知県安城市で

 南三陸町立志津川中学校の元校長の菅原貞芳さん(65)が17日、愛知県安城市で「避難所の開設と運営 ~東日本大震災からの学び」と題して講演した。訪れた約150人を前に「顔の見える人間関係を普段からつくることが大切」と訴えた。

 愛知県中央部に位置する安城市は南海トラフ地震が発生した場合、最大震度7の揺れが想定されている。同市社会福祉協議会と自主防災組織は年間を通じて避難所開設訓練を行っており、この日は、実体験と教訓を聞くために菅原さんを招いた。

 震災で志津川中の生徒315人、職員35人は全員無事だったが、多くの生徒と職員が家や家族を失った。数…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです