メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

志摩市の市民グループ「考えよか 志摩の図書館」 /三重

志摩の図書館のあり方について話し合う会員たち

子供と本の出合い願う

 志摩市の市民グループ「考えよか 志摩の図書館」は、市内の子供たちと魅力あふれた本との出合いを願い活動を続けている。「小学生の時、図書室に面白そうな本がたくさん並んでいた。夢中で読みふけった」。会員たちが共通する読書体験だ。グループ代表の西岡博子さん(64)は「子供たちが生涯、忘れ得ぬ本と出合うためにも、学校図書館を充実させてほしい」と訴える。【林一茂】

 2月中旬、市内の磯部生涯学習センターに会員や市民26人が集まった。テーマは「志摩の子供と本をつなご…

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1182文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 TBSを厳重注意 「芸人連れ去り」に通報相次ぐ
  2. 旧海軍潜水艦 「呂500」が若狭湾で発見か 独から譲渡
  3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  4. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]