メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
肥前さが幕末維新博覧会

明治維新150年記念、開幕 日本の中で佐賀すごい 世界、未来見て「技」「人」「志」を  /佐賀

青空の下、オープニングセレモニーで開幕を祝った「肥前さが幕末維新博覧会」

 明治維新150年を記念した「肥前さが幕末維新博覧会」が17日、開幕した。メイン会場の佐賀市城内の「幕末維新記念館」前の特設ステージではオープニングセレモニーがあり、和太鼓演奏やよさこい踊りなどで開会を祝った。会期は来年1月14日まで。【松尾雅也】

 約1000人が来場したセレモニーでは、山口祥義知事が佐賀出身で首相を務めた大隈重信に扮(ふん)して登場した。山口知事は「『日本は佐賀を見ていた。佐賀は世界を見ていた。そして、今も世界を、未来を見ている』。これが我々のテーマ」と紹介し、「将来に向けた佐賀の姿、この国の姿、世界の姿を一人一人が志を持って築いていけるような温かい博覧会にしたい」とあいさつした。

 肥前と共に明治維新の立役者となった薩摩、長州、土佐を代表して三反園訓・鹿児島県知事、村岡嗣政・山口…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文838文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです