特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

翔べウイングス

’18センバツ創成館 第3部 選手の横顔/7 深見直人内野手/七俵陸投手 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

脅威のパワーで一発 深見直人内野手(1年)

深見直人内野手 拡大
深見直人内野手

 チーム随一のパワーヒッター。九州大会準決勝の延岡学園戦では、二回、2ストライクと追い込まれながら、先制点となる右本塁打を放ち、先発起用に応えた。決勝の富島戦でも2試合連続本塁打を放ち、昨秋の公式戦では計3本塁打。長打力を買われ、唯一1年生でメンバー入りした。

 だが、冬場は不調に悩み、「秋はなんで打てたのか分からない」と漏らした。課題だった変化球への対応を改善しようと、タイヤ打ちやティーバッティングで下半身を強化した。「肩や手足の使い方で打撃がどう変わるのか分かるようになった」。体重は100キロを超すが、打撃フォームにキレが出た。

 センバツでは局面に応じた打撃が求められる。「犠飛も含めて、チームに貢献したい」と話すが、1年生らしく「フルスイングでホームランを打ちたいです」とも。表情にはあどけなさが残るが、脅威のパワーで外野スタンドにアーチをかける。

緩急つけて三振量産 七俵(しちひょう)陸投手(2年)

七俵陸投手  拡大
七俵陸投手 

 昨秋の公式戦途中からメンバー入りし、明治神宮大会では準決勝と決勝で先発マウンドに立った。緩急をつけた投球で、大阪桐蔭と明徳義塾を相手に計9イニングを投げて自責点は2。これまで稙田(わさだ)龍生監督(54)から「素質は一番」と言われながらも、精神面のもろさから公式戦で結果を残せていなかったが、強豪校相手の好投で自信をつけた。

 「中学ではライバルがいなかった」と話すが、創成館には好投手が集まる。入部当初はレベルの高さに驚いた。でも「練習量では負けたくない」と、ほぼ毎朝午前4時ごろに起床して、走り込みやシャドーピッチングを続けた。その結果、昨秋は1年前に比べて球速が10キロ上がり、最速138キロに。練習でも真っ先にグラウンドに来て、小石を拾う生真面目さがある。

 冬に筋力をつけ、チェンジアップの精度も磨いた。長身と肘の柔らかさを生かして投げる角度のある球で、三振の山を築く。

〔長崎版〕

関連記事

あわせて読みたい