メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

明治150年 「疑獄」に学ぶ 「対抗権力」で腐敗抑制を=京都大教授・中西寛

中西寛・京都大教授=太田康男撮影

中西寛(ひろし)

 今年は明治維新150周年にあたり、政府も記念行事を積極的に勧奨しているようだ。過去を振り返り、先人の事績を振り返る機会を設けることはもちろん意義深い事である。しかしそれは過去の顕彰にとどまってはならず、歴史の正負両面に対する評価を行わねばならない。

 たとえば大久保利通が明治初期の日本が近代化を開始するにあたって大きな貢献をなしたことは一般に認められている。しかし大久保政権期が少数者による「有司専制」として批判されたことも忘れてはならない。政府による強力な指導はそれに伴う腐敗問題と裏腹であり、明治以降の近代史の中には、政府の恣意(しい)的な権力抑制の努力も存在していたのである。

 その過程でしばしば政府批判用語としてメディアをにぎわした言葉として「疑獄」がある。いつの頃からかあ…

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1753文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです