メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

タイブレーク、どんな制度? 走者置き延長戦 センバツ、投手負担減へ=回答・浅妻博之

審判ら大会関係者は練習会を実施した=阪神甲子園球場で4日、猪飼健史撮影

 なるほドリ 今年の第90回センバツ大会から取り入れられるタイブレークって何?

 記者 野球やソフトボールでは走者を置いて攻撃を始める制度で、得点を入りやすくして延長戦を早く決着させるのが狙いです。「タイ(同点)」を「ブレーク(壊す)」するという意味です。今センバツで甲子園では初めて導入されます。高校野球の場合、延長十二回が終わっても同点の場合、十三回からは無死一、二塁の状態から、前の回から継続(けいぞく)の打順で攻撃を始めます。春夏の甲子園大会だけでなく、地方大会でも実施されます。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです