メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー同時テロ

発生から2年 妻失ったイスラム教徒 憎しみ何も生まない 「他人を愛する努力がジハード」

モハメド・エル・バシリさん(左)と妻ルブナさん=モハメドさん提供

 【ブリュッセル八田浩輔】イスラム過激思想に感化されたとみられる男たちによる襲撃で32人が犠牲となったベルギー同時テロから22日で2年となる。テロで妻ルブナさんを亡くしたモハメド・エル・バシリさん(37)は、モロッコ系イスラム教徒のベルギー人であることに苦悩を深めながら残された3人の子供たちに「憎しみは何も生まない」と伝え続けてきた。他人を愛し、理解に努めることがイスラム教徒に課せられた本来の「ジハード」だと考えるからだ。

 あの日、イスラム学校の体育教師だったルブナさんは、いつも通りに地下鉄で出勤した。非番だった地下鉄運…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです