メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

元スパイ襲撃 英露「報復合戦」 対話手段は維持

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国で起きたロシア軍情報機関元幹部の暗殺未遂事件を巡り、英露間で報復合戦の様相を呈してきた。週明けにも開く国家安全保障会議で、捜査の進展状況や国内外の情勢を慎重に見極め、今後の対応を協議する。

 英国側は妥協する姿勢を見せない方針だ。ラッド内相は、英国内で不審死したロシアからの亡命者など14人の死因の再調査も命じている。今回の事件で容疑者が特定されたり、過去の不審死で新事実が見つかったりすれば、新たな対抗措置を打ち出すと見られる。

 ただ、両国共に国外追放する23人の外交官の中に大使は含まれず、チャンネルは維持する。17日に発表さ…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文707文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 大津保育園児死亡事故、直進の女性不起訴 大津地検「刑事責任を問える過失は認めがたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです