メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

元スパイ襲撃 英露「報復合戦」 対話手段は維持

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国で起きたロシア軍情報機関元幹部の暗殺未遂事件を巡り、英露間で報復合戦の様相を呈してきた。週明けにも開く国家安全保障会議で、捜査の進展状況や国内外の情勢を慎重に見極め、今後の対応を協議する。

 英国側は妥協する姿勢を見せない方針だ。ラッド内相は、英国内で不審死したロシアからの亡命者など14人の死因の再調査も命じている。今回の事件で容疑者が特定されたり、過去の不審死で新事実が見つかったりすれば、新たな対抗措置を打ち出すと見られる。

 ただ、両国共に国外追放する23人の外交官の中に大使は含まれず、チャンネルは維持する。17日に発表さ…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです