メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

アカデミー賞受賞 辻さん(その2止) 自分の心を貫いて

特殊メークの実演を行う辻一弘さん(左)=東京都千代田区のアメージングスクールJURで1月27日、手塚耕一郎撮影

 

 ◆特殊メーク極めた現代美術家

憧れの仕事に不満

 米アカデミー賞のメーキャップ&ヘアスタイリング賞に輝いた辻一弘さん(48)の一日は、運動から始まる。

 米ロサンゼルスにある工房は巨大な倉庫のようだ。床や棚に人の顔の像がいくつも置かれている。その一角に筋力トレーニングの器具が並ぶ。辻さんはダンベルなどを使って1時間近く汗を流す。「運動すると体力と気力がついて、頭の回転が良くなる」

 終わると、午前中はメールの返信に追われる。作業に取りかかるのは午後から。作品のデザインをしたり、次の構想を練ったりする。疲労につながるので、できるだけ徹夜はしない。

この記事は有料記事です。

残り4045文字(全文4319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. ホンダvsセガサミー 第11日第1試合スタメン 決勝かけ14時から 都市対抗

  5. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです