メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

アカデミー賞受賞 辻さん(その2止) 自分の心を貫いて

特殊メークの実演を行う辻一弘さん(左)=東京都千代田区のアメージングスクールJURで1月27日、手塚耕一郎撮影

 

 ◆特殊メーク極めた現代美術家

 米アカデミー賞のメーキャップ&ヘアスタイリング賞に輝いた辻一弘さん(48)の一日は、運動から始まる。

 米ロサンゼルスにある工房は巨大な倉庫のようだ。床や棚に人の顔の像がいくつも置かれている。その一角に筋力トレーニングの器具が並ぶ。辻さんはダンベルなどを使って1時間近く汗を流す。「運動すると体力と気力がついて、頭の回転が良くなる」

 終わると、午前中はメールの返信に追われる。作業に取りかかるのは午後から。作品のデザインをしたり、次の構想を練ったりする。疲労につながるので、できるだけ徹夜はしない。

この記事は有料記事です。

残り4053文字(全文4319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです