メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ビザンツ帝国 生存戦略の一千年』=ジョナサン・ハリス著

 (白水社・4536円)

他者をなじませ統合する

 完璧なフォームでバットを振ったにしても、球から三十センチも離れていたら様にならないだろう。同じように、どんなに筋の通った議論であっても、問い掛けそのものが適切でなければ、応答の説明も味気ないものになってしまう。

 「ローマ帝国の衰亡」については、古代の同時代人からして喧々囂々(けんけんごうごう)と議論されている。ゲルマン民族の侵入、キリスト教の普及、インフラの劣化などが取り沙汰(ざた)されるなかで、五世紀後半、西ローマ帝国が解体した。だが、東ローマ帝国はビザンツ帝国となり、千年後にオスマン帝国によって滅ぼされた。その千年間についてはどんな問い掛けがふさわしいのだろうか。

 三三〇年、僻邑(へきゆう)ビュザンティオンは新しく建設されて開都し、後にコンスタンティノープルとよ…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  4. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです