メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

晴れの日へのあざ治療=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 各地から桜の便りが届く季節となりました。小さなお子さんがおられるご家庭では、入園式・入学式に思いを巡らす時期でもあります。同時に、お子さんが集団生活に移行することに、不安を感じている親御さんもおられることでしょう。

 さて、今回はあざについてです。顔にあざがあるお子さんを持つ親御さんの多くは、入園式や入学式前に何とか治してあげたいと強く思うものだからです。

 あざは、生まれつき一部の皮膚が異常な色調を呈する病変です。毛細血管や日焼けの原因にもなるメラニンを…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1246文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです