メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

晴れの日へのあざ治療=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 各地から桜の便りが届く季節となりました。小さなお子さんがおられるご家庭では、入園式・入学式に思いを巡らす時期でもあります。同時に、お子さんが集団生活に移行することに、不安を感じている親御さんもおられることでしょう。

 さて、今回はあざについてです。顔にあざがあるお子さんを持つ親御さんの多くは、入園式や入学式前に何とか治してあげたいと強く思うものだからです。

 あざは、生まれつき一部の皮膚が異常な色調を呈する病変です。毛細血管や日焼けの原因にもなるメラニンを…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1246文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです