メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

FIFA「歴史的決断」 露W杯にビデオ判定採用

 【ボゴタ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、コロンビアのボゴタで開いた理事会で、ワールドカップ(W杯)で「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」と称する映像確認の審判員を初めて採用することを決めた。今年のロシア大会(6月14日~7月15日)の全64試合で、試合結果に大きく影響する誤審を防ぐためピッチ上の主審を補佐する。

 VARが携わるのは「得点」「PK」「一発退場」「(警告、退場などの)人定」に限られ、映像で確認した内容を主審に伝える。直接判定を下すことはなく、最終的な判定は主審のみに決める権限がある。FIFAのインファンティノ会長は「歴史的な決断だ。より公平で透明なスポーツになる」と意義を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです