メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

アカデミー賞受賞 辻さん(その1) 変幻の技、追い続けて

 「(同居している)猫にも感謝」--。

 受賞演説はユーモアたっぷりだった。4日(日本時間5日)の米アカデミー賞授賞式。日本人初のメーキャップ&ヘアスタイリング賞に輝いた辻一弘さん(48)は黄金色のオスカー像を受け取った。

 高く評価されたのは特殊メークだ。英国映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(日本公開は30日)で、面長の主演、ゲイリー・オールドマンさん(59)を丸い顔立ちのチャーチル元英首相に変身させた。その出来栄えはチャーチルの子孫をも驚かせた。

 舞台に立った辻さんは眼鏡を取り出し、メモに目をやりながら演説を始めた。「素晴らしい俳優で、真の友人だ」。視線を合わせて感謝を伝えると、オールドマンさんは小さくうなずいた。賞に恵まれず、今回初めて主演男優賞を得た名優は記者会見で明かした。「(出演は)カズヒロを呼ぶことが条件だって言ったんだ。彼だけが地球上でこの仕事をうまくやれるってね」

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです