メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことばの教室

言語障害児に寄り添い20年 北海道・網走の高川教諭、ブログや本で先生支援

「ことばの教室 基本の『キ』」を手にする著者の高川康さん=札幌市厚別区で

 言語障害児らを対象にした通級指導などの「ことばの教室」を20年以上担当する北海道網走市立中央小学校の教諭、高川康さん(50)が、指導方法や子供との接し方をブログや書籍で発信している。専門知識や経験のない教員が配属され戸惑うケースが全国的に多く、高川さんは「若い先生たちの助けになれば」と話している。【日下部元美】

 ことばの教室は、吃音(きつおん)や、発音が苦手で会話に支障のある子供などが通常学級に通いながら、週…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1377文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです