メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漁師飯

いつか食べたい“幻のタコ” 岡山・倉敷

近年はほとんど作られなくなった「干ダコのしょうゆ漬け」=岡山県倉敷市で2018年3月3日、高橋祐貴撮影

 瀬戸内海有数のタコの漁場・岡山県倉敷市下津井付近で、地元の人から「幻のタコ」と呼ばれている漁師飯がある。「干(ひ)ダコのしょうゆ漬け」だ。仕込みに手間ひまが掛かることもあり、最近は地元の漁師ら数人しか作っていないという。記者はひょんなことからその味を知り、魅力に引きつけられた。【高橋祐貴】

 今月、地元の漁師が作った干ダコのしょうゆ漬けをごちそうになる機会があった。一切れ食べると弾力があり、うまみがなかなか消えない。飲み込むタイミングが分からず、食べきると口の中が妙にさみしくなる。「あと一切れだけ」と思っても、その後もついつい手が伸びてしまう。日本酒が恋しくなる味だ。

 干ダコのしょうゆ漬けは、魚の水揚げ量が少ない時期の保存食として地域に伝わってきた。基本的な作り方は…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです