メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ベルギーテロ

憎しみ、何も生まぬ 妻失ったイスラム教徒

モハメド・エル・バシリさん(左)と妻ルブナさん=モハメドさん提供

 【ブリュッセル八田浩輔】イスラム過激思想に感化されたとみられる男たちによる襲撃で32人が犠牲となったベルギー同時テロから22日で2年となる。テロで妻ルブナさんを亡くしたモハメド・エル・バシリさん(37)は、モロッコ系イスラム教徒のベルギー人であることに苦悩を深めながら、残された3人の子供たちに「憎しみは何も生まない」と伝え続けてきた。他人を愛し、理解に努めることがイスラム教徒に課せられた本来の「ジハード」だと考えるからだ。

 あの日、イスラム学校の体育教師だったルブナさんは、いつも通りに地下鉄で出勤した。非番だった地下鉄運…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1095文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです