メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギーテロ

憎しみ、何も生まぬ 妻失ったイスラム教徒

モハメド・エル・バシリさん(左)と妻ルブナさん=モハメドさん提供

 【ブリュッセル八田浩輔】イスラム過激思想に感化されたとみられる男たちによる襲撃で32人が犠牲となったベルギー同時テロから22日で2年となる。テロで妻ルブナさんを亡くしたモハメド・エル・バシリさん(37)は、モロッコ系イスラム教徒のベルギー人であることに苦悩を深めながら、残された3人の子供たちに「憎しみは何も生まない」と伝え続けてきた。他人を愛し、理解に努めることがイスラム教徒に課せられた本来の「ジハード」だと考えるからだ。

 あの日、イスラム学校の体育教師だったルブナさんは、いつも通りに地下鉄で出勤した。非番だった地下鉄運転士のモハメドさんは午前10時過ぎに安否を気遣う友人の連絡で事件を知った。すぐに通信アプリを起動。ルブナさんは1時間近く接続した形跡が無かった。その時「何が起きたか分かった」という。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです