メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

内田康夫さん83歳=作家、浅見光彦シリーズ

作家の内田康夫さん=2014年、竹内紀臣撮影

 名探偵・浅見光彦シリーズで知られる人気作家、内田康夫(うちだ・やすお)さんが13日、敗血症のため東京都内で死去した。83歳。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会は行わず、3月23日~4月23日、長野県軽井沢町の浅見光彦記念館に献花台が設けられる。喪主は妻で作家の早坂真紀(はやさか・まき、本名・内田由美=うちだ・ゆみ)さん。

 東京都北区出身。東洋大中退。テレビCM制作会社を経営していた1980年、自費出版したミステリー「死者の木霊」が編集者、評論家らの注目を浴びて作家デビューした。3作目「後鳥羽伝説殺人事件」(82年)で浅見光彦が初登場。「天河伝説殺人事件」(88年)「氷雪の殺人」(99年)など、警察庁刑事局長を兄に持つルポライターで年を取らない永遠の33歳、愛車ソアラを転がして全国各地で起きる事件の謎を解くキャラクターが愛された。「孤道」(未完・2017年)までシリーズ114冊、累計発行部数9700万部という人気を獲得。相次いでテレビドラマ化された。

 他に信濃のコロンボシリーズ(83年の「戸隠伝説殺人事件」など)、岡部警部シリーズ(82年の「『萩原朔太郎』の亡霊」など)、歴史小説「地の日 天の海」(08年)。旅情ミステリーの第一人者と言われ、ユーモアから歴史ロマン、社会性まで含む幅広い作風で知られた。「明日香の皇子」(84年)、「江田島殺人事件」(88年)、戦争小説「靖国への帰還」(07年)などでは反戦、自由を訴え現代社会への警鐘を鳴らした。

 地域振興と結びついた文学賞の先駆けとなる公募の「北区内田康夫ミステリー文学賞」を02年に創設。08年、日本ミステリー文学大賞。83年から長野県軽井沢町在住。

 毎日新聞では「箸墓(はしはか)幻想」(00~01年)を連載。続く「孤道」を連載中の15年7月下旬、脳梗塞(こうそく)で倒れた。小説を休筆する一方で、未完となった同作の完結編募集プロジェクトを始め、4月末に締め切りが迫っていた。療養に励んでいたが、ここ1カ月ほど容体が悪かった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  2. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
  3. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
  5. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]