メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内田康夫さん死去

未完「孤道」 次代に託す

連載小説「孤道」について話す作家、内田康夫さん=長野県軽井沢町のティーサロン「軽井沢の芽衣」で2014年、内藤麻里子撮影

評伝

 「江戸っ子は五月のコイの吹き流し口先ばかりではらわたはなし」

 こんな川柳をひき、肩に力の入った物言いはしない自身の姿勢を笑ってみせた。「靖国への帰還」「遺譜(いふ)」などから響いてくる社会への憂いについて尋ねると、「生意気なことを言う知識も思想もないけど」と必ず前置きした。それが内田流のダンディズムだった。趣味の囲碁は文壇で一、二の実力。ピアノも弾きこなす。陰でどれほどの精進を重ねたか。

 作家には珍しいファンクラブ「浅見光彦倶楽部」(現「浅見光彦友の会」)を発足させ、浅見の記念館まで建…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文635文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
  2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
  5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]