メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

椎名佐千子/井上由美子=専門編集委員・川崎浩

椎名佐千子 地に足を着け本格へ

 演歌の定義は、意外と固まっていない。森進一の代表曲が「襟裳岬」「冬のリヴィエラ」なのを忘れてはいけない。懐の深さこそ演歌の本質だ。だからこそ、方向性を見極めるのは一苦労である。

 椎名佐千子は「昨年15周年で記念コンサートやDVD発売もあり大忙しでした。今年から落ち着いて曲に向き合えます」とホッと一息ついている。椎名は19歳の2002年、「御意見無用の人生だ」で生きのいいうなり節をきかせてデビューした。はかまにブーツ姿で注目を集めたが、叙情演歌、ムード歌謡と枝葉を広げ、方向性を絞りきれなかった。「新曲『舞鶴おんな雨』(キ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです