メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

椎名佐千子/井上由美子=専門編集委員・川崎浩

椎名佐千子 地に足を着け本格へ

 演歌の定義は、意外と固まっていない。森進一の代表曲が「襟裳岬」「冬のリヴィエラ」なのを忘れてはいけない。懐の深さこそ演歌の本質だ。だからこそ、方向性を見極めるのは一苦労である。

 椎名佐千子は「昨年15周年で記念コンサートやDVD発売もあり大忙しでした。今年から落ち着いて曲に向き合えます」とホッと一息ついている。椎名は19歳の2002年、「御意見無用の人生だ」で生きのいいうなり節をきかせてデビューした。はかまにブーツ姿で注目を集めたが、叙情演歌、ムード歌謡と枝葉を広げ、方向性を絞りきれなかった。「新曲『舞鶴おんな雨』(キ…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです