メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市営地下鉄

大大阪、名残のマーク 来月1日民営化

民営化で大阪市交通局が廃止されるのに伴い、サヨナラヘッドマークを付けて運行する電車。車両側面にも同じメッセージがあった=大阪市北区の地下鉄御堂筋線梅田駅で、貝塚太一撮影

 4月1日に大阪市営地下鉄・バスが民営化されるのに伴い、大阪市交通局は114年余りの歴史に幕を閉じる。民営化の周知と市民への感謝を込めて、19日から御堂筋線で「さようなら」と書かれたヘッドマーク付き車両を走らせ、駅構内や車両内にポスターを掲示するなど「ご愛顧ありがとうキャンペーン」を始めた=写真・貝塚太一撮影。

 地下鉄は、市が100%株を保有する新会社「大阪市高速電気軌道」(愛称・Osaka Metro=オオサカ メトロ)になる。バスも地下鉄新会社の子会社として再出発。交通局職員約5000人は新会社に移る。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです