特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

真剣味

センバツ三重高 選手紹介 山中遼人捕手(1年) 上級生に劣らぬ捕球技術 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山中遼人捕手 拡大
山中遼人捕手

 <第90回記念選抜高校野球>

山中遼人(やまなか・りょうと)捕手

 動きが良く、捕球技術は上級生に引けを取らない。「1年生とか関係なく、このチームをリードしていく」。強気な姿勢も魅力だ。

 津市で生まれ育った。久居高で野球部だった父勇人さん(47)の影響で、地元の「川口スポーツ少年団」でソフトボールを始めた。中学で「松阪梅村リトルシニア」に入り、硬式野球を始めた。強肩を買われて捕手になり、三重高へ進んだ。

 「グラウンド内で唯一、捕手だけが他の選手とは違う景色を見ている」。マスク越しに全体を見渡して差配する捕手の魅力をそう語る。

 配球は本を読んで学習する。「うちは投手が多いから、それぞれの投手の良さを引き出すため、念入りに勉強している」という。昨秋の公式戦出場は1試合にとどまるが、先輩の東亮汰捕手(2年)にも助言をもらい「チームを任される捕手」を目指す。

 「あこがれの甲子園に初めて挑む。強気で初戦から攻めていきたい」【森田采花】=随時掲載


 ◆座右の銘

「自信と謙虚さのバランス」

 常に向上心を持って取り組む。「うまくいっても慢心せず、初心を忘れない」

〔三重版〕

関連記事

あわせて読みたい