メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河内厚郎の文化回廊

芸術拠点化成功へ高い志を /兵庫

 「城崎国際アートセンター」の芸術監督をつとめる劇作家の平田オリザ氏が、みずから主宰する劇団を東京から豊岡市へ移転する方針を明らかにした。本人も豊岡に居住するとのことで、「アートや芸術文化、教育などの施策に市が一丸で取り組む情熱に後押しされた。いずれは豊岡で国際演劇祭を開きたい」と抱負を語る。城崎温泉など高級リゾート地を控え富裕層も取り込めるといった戦略性も踏まえた判断らしく、それだけ本気だということになろう。

 兵庫県立芸術文化センターにしても、東京の新国立劇場に対応するような「全国的な舞台芸術の拠点に」とい…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文524文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]