メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐保川桜まつり燈火会

あんどんを準備 実行委が150個 奈良 /奈良

春にちなんだ絵やメッセージが書かれた和紙を木の枠に貼り付けて次々とあんどんを完成させる女性たち=奈良市芝辻町3で、数野智史撮影

 桜の名所として有名な奈良市の佐保川沿いで開かれる「佐保川桜まつり燈火会(とうかえ)」(25日~4月6日)を控え、実行委員会は18日、夜桜を彩るあんどん150個を地元の集会所で作った。

 メンバー約50人は、事前に募集した「和」にちなんだメッセージや春らしい絵入りの和紙を木枠に貼る作業を手際よくこなし…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです