メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐保川桜まつり燈火会

あんどんを準備 実行委が150個 奈良 /奈良

春にちなんだ絵やメッセージが書かれた和紙を木の枠に貼り付けて次々とあんどんを完成させる女性たち=奈良市芝辻町3で、数野智史撮影

 桜の名所として有名な奈良市の佐保川沿いで開かれる「佐保川桜まつり燈火会(とうかえ)」(25日~4月6日)を控え、実行委員会は18日、夜桜を彩るあんどん150個を地元の集会所で作った。

 メンバー約50人は、事前に募集した「和」にちなんだメッセージや春らしい絵入りの和紙を木枠に貼る作業を手際よくこなし…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文207文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです