メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねのひと

国際交流員として隠岐の島に移住 ヴォウォシェン・ヤゴダさん /島根

隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会の専門員ヴォウォシェン・ヤゴダさん=隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会で、根岸愛実撮影

ヴォウォシェン・ヤゴダさん(27)

 「隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会」(隠岐の島町)で専門員として働くポーランド出身のヴォウォシェン・ヤゴダさん(27)は、2016年8月に国際交流員として隠岐の島に移住した。大学で学んだ日本語の語学力を生かし、海外視察の通訳などで活躍している。

 ポーランドの大学で国際関係を学び、ヨーロッパと異なる文化のアジアに興味を持った。中でも島国の日本は「変わっている」と興味を持ち、日本語を専攻。大学院まで進学し、明治から昭和の日本をテーマに論文を書いた。

 ポーランドのクロトシン市と隠岐の島町が2016年から友好都市になり、町はポーランド出身者の国際交流…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです