メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

シリア北西部を制圧 クルド勢力拠点 大統領表明

シリア北西部アフリンに進駐したトルコ軍と反体制派武装組織「自由シリア軍」の兵士。背後の建物にはトルコ国旗がはためく=18日、ロイター

 【エルサレム高橋宗男】クルド人勢力の掃討を名目にシリアへの越境攻撃を続けているトルコ軍は18日、クルド人民兵組織・人民防衛隊(YPG)が拠点とするシリア北西部アフリン中心部を制圧した。トルコのエルドアン大統領が明らかにした。

 エルドアン氏は18日、「テロリスト(YPG)のほとんどは既に逃げ出した。我々の特殊部隊と(トルコ軍と協力する武装勢力)自由シリア軍(FSA)が残された仕掛け爆弾などの除去を進めている」と述べた。

 在英民間組織・シリア人権観測所も18日、一部では小規模な戦闘が続いているものの、トルコ軍とFSAがアフリンを制圧したと発表した。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです