連載

100年カンパニーの知恵

膨大な同業者が退場していった中で、彼らが日々を重ねられた理由は何か。幸運や巡り合わせというだけでは見過ごしてしまう細部があるに違いない。その知恵を広く共有すべく、じっくり語っていただいた。

連載一覧

100年カンパニーの知恵

守山乳業(神奈川県)/上 酪農家に貢献目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <since 1918>

笑顔を作るコーヒー牛乳の生みの親

 守山乳業創業者の守山謙氏(1893~1962年)は1918(大正7)年、神奈川県中郡高部屋村日向(現在の神奈川県伊勢原市)で同社の前身の守山商会製酪所を設立した。牛乳を商品として活用し、不況に苦しむ村の酪農家の役に立ちたいという思いからの創業だった。

 当時は牛乳からつくるバターなど乳製品が珍しい存在で、製酪所のあった村の人たちからは「今度バター屋ができた」と驚きと期待をもって受け止められたという。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文742文字)

あわせて読みたい

注目の特集