メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦七番勝負

第6局 解説・飯島栄治七段

解説・飯島栄治七段

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦した第67期王将戦七番勝負第6局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、長野県松本市など後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は14、15日、同市の松本ホテル花月で行われ、巧みな駒さばきを見せた久保が堅い豊島陣を攻略して4勝2敗で防衛、2期連続4期目となった。通算4期は歴代4位タイ。形勢判断の難しい将棋を着実な指し手で制した第6局を、飯島栄治七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 久保が第2局から3連勝して優位に立った今期七番勝負だが、第5局で豊島が2勝目を挙げて、流れが変わった感じを受ける。並行して行われている名人戦A級順位戦のプレーオフでは初戦で久保に勝った豊島が短期間のうちに3連勝して勢いが止まらない。久保が防衛を決めるか、豊島がタイに持ち込むか。

この記事は有料記事です。

残り3698文字(全文4050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです