特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

第67期王将戦七番勝負

第6局 解説・飯島栄治七段

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
解説・飯島栄治七段
解説・飯島栄治七段

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦した第67期王将戦七番勝負第6局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、長野県松本市など後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は14、15日、同市の松本ホテル花月で行われ、巧みな駒さばきを見せた久保が堅い豊島陣を攻略して4勝2敗で防衛、2期連続4期目となった。通算4期は歴代4位タイ。形勢判断の難しい将棋を着実な指し手で制した第6局を、飯島栄治七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 久保が第2局から3連勝して優位に立った今期七番勝負だが、第5局で豊島が2勝目を挙げて、流れが変わった感じを受ける。並行して行われている名人戦A級順位戦のプレーオフでは初戦で久保に勝った豊島が短期間のうちに3連勝して勢いが止まらない。久保が防衛を決めるか、豊島がタイに持ち込むか。

この記事は有料記事です。

残り3698文字(全文4050文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集