メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
身じまい練習帳

新しい葬送のかたちを考えたい

 この数年、葬送にかかわる人にたくさん会ったし、いろんな土地に足を運んだ。葬儀や墓のことを調べていると、社会の「いま」が見えてくると感じた。

 日本葬送文化学会の研修に同行して栃木県鹿沼市に行き、いまでは珍しい土葬具を見せてもらった。戦前の、畑のあぜを進む村総出の葬列を想像しながら、今の地方都市の若者の少なさを思う。熊本県人吉市では、市が実施する無縁墓の実態調査について行った。なたを手にお寺の奥の森を進みながら、古い墓を確認していく。花が手向けられてこそなのだ。誰も来なくなった墓は墓ではない。

 石川県輪島市の古刹(こさつ)では、火葬場で出る残骨灰の供養会に参加した。残骨灰を業者に売却する自治…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文833文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです