メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

新しい葬送のかたちを考えたい

 この数年、葬送にかかわる人にたくさん会ったし、いろんな土地に足を運んだ。葬儀や墓のことを調べていると、社会の「いま」が見えてくると感じた。

 日本葬送文化学会の研修に同行して栃木県鹿沼市に行き、いまでは珍しい土葬具を見せてもらった。戦前の、畑のあぜを進む村総出の葬列を想像しながら、今の地方都市の若者の少なさを思う。熊本県人吉市では、市が実施する無縁墓の実態調査について行った。なたを手にお寺の奥の森を進みながら、古い墓を確認していく。花が手向けられてこそなのだ。誰も来なくなった墓は墓ではない。

 石川県輪島市の古刹(こさつ)では、火葬場で出る残骨灰の供養会に参加した。残骨灰を業者に売却する自治…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです