メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

新しい葬送のかたちを考えたい

 この数年、葬送にかかわる人にたくさん会ったし、いろんな土地に足を運んだ。葬儀や墓のことを調べていると、社会の「いま」が見えてくると感じた。

 日本葬送文化学会の研修に同行して栃木県鹿沼市に行き、いまでは珍しい土葬具を見せてもらった。戦前の、畑のあぜを進む村総出の葬列を想像しながら、今の地方都市の若者の少なさを思う。熊本県人吉市では、市が実施する無縁墓の実態調査について行った。なたを手にお寺の奥の森を進みながら、古い墓を確認していく。花が手向けられてこそなのだ。誰も来なくなった墓は墓ではない。

 石川県輪島市の古刹(こさつ)では、火葬場で出る残骨灰の供養会に参加した。残骨灰を業者に売却する自治…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです