メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
仮想通貨流出

ネム、交換止まらず 追跡あきらめない 奮闘、白ハッカー

犯人の取引記録などを一覧できるサイトについて説明するCheenaさん=東京都内で、安藤いく子撮影(画像の一部を加工しています)

 仮想通貨交換業者「コインチェック」から約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、犯人は既に半数のネムを他の仮想通貨に交換したとみられている。犯人の追跡は困難になりつつあるが、「ホワイトハッカー」たちはネットの知識を駆使して、犯人の手掛かりを追い続けている。

 「寝起きにスマホをいじっていたら、ツイッターが大騒ぎになっていた」。ネム流出が発覚した1月26日。ネットで「Cheena(ちーな)」を名乗る男性(20)はノートパソコンを広げた。「(大量のビットコインが消失した)マウントゴックス事件よりすごい」。好奇心をそそられた。

 多くの仮想通貨は取引記録をネットで公開している。互いに監視し、不正を防止する発想だ。世界のホワイト…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1157文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです