メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬波温泉

夕日がポイント ゆるキャラでロケーションPR

せなみん=瀬波温泉活性化委員会提供

 瀬波温泉(新潟県村上市)のマスコットキャラクター「せなみん」が誕生した。瀬波温泉の代名詞でもある「日本海に沈む夕日」を再現した真ん丸の愛嬌(あいきょう)あるデザインが魅力。同市でのイベントに着ぐるみで登場し、温泉のPRに携わっていく。

     同所の旅館関係者や自営業者らでつくる「瀬波温泉活性化委員会」が作成した。地元住民がデザインを考え、名前はインターネットで公募。応募のあった311件の中から最も多かった「せなみん」に決めたという。

     幅110センチほどの大きな体部分で、気持ち良さそうに温泉につかる表情と夕日が映る日本海の景色を表現。背中には、夕日に照らされるカモメと海で泳ぐ魚も描かれている。

     既にJR村上駅での列車イベントなどで仕事を始めている。同委員会事務局の瀬山直徳さん(39)は「せなみんの力を借りて温泉街をもり立てていきたい」と話している。【井口彩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
    5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]