特集

公文書・森友学園問題

毎日新聞デジタルの「公文書・森友学園問題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

森友改ざん

財務局職員が交渉記録保存 「破棄」答弁矛盾

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
森友学園側との交渉記録に関する主な国会答弁
森友学園側との交渉記録に関する主な国会答弁

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、2016年6月に学園と締結した売買契約の交渉過程の記録を、昨年2月の問題発覚後も財務省近畿財務局の一部の職員が「手控え」として保存していたことが明らかになった。記録の存在は本省にも報告されていたとされる。財務省は国会で「交渉記録は破棄した」と繰り返しており、答弁との矛盾について野党が追及を強めるのは必至だ。

 財務省は今月12日、売却や貸し付けに関する決裁文書14件で、値引きの経緯などを削除していたとする調査結果を公表。この他にも、学園とのやり取りの記録が残されていたことになる。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文868文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集