メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石沖

フェリーがブイ接触、動けず けが人なし

接触事故で立ち往生した「フェリーふくおか2」。奥は明石海峡大橋=兵庫県明石市沖で2018年3月19日午前9時21分、本社ヘリから平川義之撮影
フェリーが立ち往生している現場

 18日午後7時35分ごろ、兵庫県明石市沖約6キロの瀬戸内海で、大阪南港(大阪市)発新門司港(北九州市)行きの「フェリーふくおか2」(9774トン、積載車両130台)の船尾付近が鋼鉄製のブイ(高さ約10.6メートル)と接触。二つあるスクリューのうち一つが破損した可能性があるため動けなくなり、19日午後1時現在、立ち往生が続いている。乗客・乗員計約500人にけがはない。

     フェリーを運航する名門大洋フェリーは19日午前11時半ごろから潜水してスクリューの状況を調べており、ブイのチェーンが絡みついているのを確認。午後に航行を再開できるかどうか判断する。

     神戸海上保安部によると、フェリーは18日午後5時に出港。船内で体調不良を訴えた80代の男性を姫路海保の巡視艇に移すため、午後6時15分ごろから現場で停泊していた。

     当時海上では毎秒8メートルの風が吹いており、いかりを下ろさなかったためにフェリーが動いたとみられる。ブイは水深が浅いことを知らせるもので、直径は約2.8メートル、重さは約8トン。接触後に所在不明となっている。神戸海保は業務上過失往来危険の可能性もあるとみて調べる。

     急病の乗客は明石市内の病院に搬送され、命に別条はないという。

     福岡県への転勤準備のため乗船していた大阪市の高校講師、中堀勝太さん(23)は電話での取材に「ぶつかった瞬間『ガガガガ』と音がして、十数秒間、縦揺れがあった。まさか朝まで動かないとは。どうすればいいのか」と困惑していた。中堀さんによると、船内のレストランで朝食が無料で提供され、大きな混乱は起きていないという。

     名門大洋フェリーは「お客様と関係者にご迷惑をお掛けし、深くおわびする」としている。【黒川優】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
    2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
    3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです