大相撲

貴公俊が付け人殴打 支度部屋で顔を数回

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
貴公俊関
貴公俊関

 大相撲春場所8日目の18日、東十両14枚目の貴公俊(たかよしとし)関(20)=貴乃花部屋=が会場のエディオンアリーナ大阪(大阪市浪速区)の支度部屋で、付け人を務める力士の顔などを殴打したことが関係者の話で分かった。日本相撲協会は19日に師匠の貴乃花親方(元横綱)や本人らから事情を聴き、対応を検討する。

 春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)によると、鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)が貴公俊関に確認したところ、殴ったことを認めた。関係者の話を総合すると、殴ったのは複数回で、付け人は口の中を切って流血し、床にも血痕が残っていたという。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集