メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

猛打山中王者の風格 WBOミニマム級初防衛

八回、カジェロスを攻める山中(左)=神戸ポートピアホテルで2018年3月18日、久保玲撮影

 プロボクシングのダブル世界戦が18日行われ、世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王者の山中竜也(22)=真正=は同級4位のモイセス・カジェロス(28)=メキシコ=を八回終了TKOで破り、初防衛に成功した。戦績は山中が16勝(5KO)2敗、カジェロスは28勝(16KO)8敗1分け。国内の現役男子世界王者は10人のまま。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文790文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです