メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ庁長官と語る 2020への決意:鈴木大地×吉田愛×吉岡美帆 風に乗って進め 再始動ペア

スポーツ庁の鈴木大地長官(左)とセーリングの魅力について語り合う吉田愛(中央)と吉岡美帆

スポーツ庁長官と語る 2020への決意

鈴木大地×吉田愛×吉岡美帆 風に乗って進め 再始動ペア

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」の5回目は、2016年リオデジャネイロ五輪セーリング女子470級5位入賞の吉田愛(37)、吉岡美帆(27)=いずれもベネッセ=を迎えた。リオ五輪後、吉田が1年間の産休から復帰して昨秋から再始動したペアが東京五輪への思いやセーリングの魅力について、長官と語り合った。(対談は2月5日に実施)【構成・小林悠太、写真・藤井太郎】

この記事は有料記事です。

残り3197文字(全文3407文字)