米国

自動運転で歩行者犠牲 ウーバー試験中 アリゾナ州

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ブエノスアイレス清水憲司】米配車(ライドシェア)サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が18日夜、米西部アリゾナ州での走行試験中、歩行者をはね、死亡させる事故を起こした。歩行者が犠牲になった自動運転車による事故は初めてとみられる。安全確保の難しさを示した格好で、自動運転車の開発や実用化全体を遅らせる可能性がありそうだ。

 米メディアによると、事故はアリゾナ州フェニックス近郊テンピで18日午後10時ごろ発生。4車線道路の横断歩道ではない場所を自転車を押して渡っていた女性(49)が、時速65キロで夜間走行の試験中だった自動運転車にはねられた。女性は死亡が確認された。事故時、自動運転モードで走行中だったが、運転席には緊急事態に備えた操作員が乗車していたという。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文678文字)

あわせて読みたい

ニュース特集