メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
特集ワイド

学生街の不動産店 3日間密着して見えたもの 自立の春、そっと背を押す親心

不動産店「ASTAGE」には新生活を始める人たちが部屋探しに訪れていた=東京都世田谷区で10日、宮間俊樹撮影

 万感胸に迫る春が来る。入学、就職だけではなく、住み慣れた場所を離れる人も多い。旅立ちには、人それぞれに決意がある。東京都内の学生街にある不動産店に3日間密着すると、人生の新たな一歩を踏み出す人たちの思いが見えてきた。【鈴木梢】

 明大前駅(東京都世田谷区)の周辺を見渡すと、ファストフード店やラーメン店が目に付く。近くに明治大の和泉キャンパスがある学生街。京王線と井の頭線の交差駅で、新宿や渋谷へのアクセスがいい。そのため、駅前には15軒ほどの不動産店がひしめく激戦区となっている。

 地域に根ざした不動産店「ASTAGE(アステージ)」のL字形のカウンターには、インターネットに掲載された物件情報の写真を頼りに来店する人たちが並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り2597文字(全文2913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです