メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 トンカツが好きだ。1週間に1度は食べる。絶品!と評判の店を探して食べる。 美味に出合うと「幸せ」を感じる。

 でも……複雑な思いになる。「豚」という生き物の生命を奪ってしまった。「心苦しさ」を感じる。

 人間は生きるために「他の生命」を犠牲にする。それは、人間様が「豚より優秀だ」という確信みたいなものがあるからだろう。人間は「自分より弱い(優秀でない)生き物」を食べても許される!と思っている。

 豚に言語能力があれば「我々を殺すのは正義に反する!」と叫ぶ。でも、豚はそれができない。人間と豚には「悲しい支配関係」が存在する。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです