連載

音のかなたへ

毎日新聞デジタルの「音のかなたへ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

音のかなたへ

春が来る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地図を描く前の大きな地球儀のような、白い球体が宙に浮かんでいる。球体の上半分は天空から光を浴びて、輝いている。

 長い数本のロープで地上につなぎ留められているが、ロープがなくとも球体が飛んでいってしまうとは思えない。空に上がり切らず、しかし地にも落ちない。バルーン(気球)にも見えるが、あるいは宙に浮かんでいる光の幻影だろうか。

 画家、野又穫の新作展を飾る油絵13点は、いずれもこの球体が描かれている。並んで二つ浮かんでいるものもあり、こぶのように二つがくっついているものもある。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1067文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る